不妊治療・体外受精 体験談と口コミTOP > 不妊治療・体外受精 > 体外受精 スケジュール

体外受精のスケジュールは?

体内受精の流れとはどのように行われるものでしょうか。

体外受精のスケジュールについて調べてみました。
簡単に体外受精と言っても実際に妊娠するために行う事が沢山あります。

まずは、体外受精をするまでの流れを説明します。

・排卵誘発
自然の排卵では、通常一個しか卵子はありません。

けれど、妊娠する確率を高めるために排卵誘発剤を使用して、
複数個の卵子を採卵できる状態にします。

・採卵
指定された日に病院での採卵を行い状態の良い卵子を培養液の中で成熟させます。

・採精
採卵と平行して男性の精液を採取し、元気な精子を選び出します。

・受精
元気な精子と状態の良い卵子を専用の容器で混ぜ合わせ、
自然に近い状態で受精させます。

ただし、体外受精における受精率の割合は6〜7割となっています。

・胚移植
受精した後に卵が順調に分割して良好胚した場合には、
良質なものを選んで子宮内に移植します。

多胎妊娠を避けるために良質なものが多数あったとしても、
3個程度に抑えるのが一般的です。

・着床
受精卵が子宮内膜に順調に着床していれば、
胚移植後、2週間経過した時点で妊娠が確認できます。

もし、妊娠反応が陰性の場合でも
続けて採卵をすることはせず、1ヶ月程度の休息が必要になります。

体外受精のスケジュールは病院によっても様々ですので、
上記は一般的な流れとして参考にしてみて下さい。

また、体外受精は女性の体に負担がかかるのはもちろん、
時間的にも拘束されてしまうことが多いです。

男性は不妊治療のスケジュールに沿って、
女性をできるだけフォローするように心掛ける必要があります。




 
inserted by FC2 system