不妊治療・体外受精 体験談と口コミTOP > 不妊治療・体外受精 > 体外受精 リスクと安全性は?

体外受精 リスクと安全性について

体外受精 リスクと安全性はどうなのでしょう。

体外受精を始める上で、不安になる事が多いと思います。

体外受精の費用についてももちろんですが、
その他に体外受精のリスクや安全性の問題もあるでしょう。

ですので、体外受精のリスクと安全性について調べてみました。

・体外受精の安全性

1978年にイギリスで世界初となる体外受精による妊娠が成功しています。
日本では1985年に初めて体外受精が成功しました。

つまり、体外受精の歴史はまだ30年程度ですので、
100%確実な安全性が確認されている訳ではないのです。

・体外受精のリスク

一番大きなものに「多胎妊娠」があります。

この原因は、妊娠の可能性を少しでも高めようと受精した卵を数多く子宮に戻してしまうことが原因になります。

だからと言って、この子宮に戻す受精卵の個数を減少させると、
今度は妊娠の確率が低くなってしまうのです。

多胎妊娠のリスクについては良く医師と相談することが大切なのです。

それ以外にも、

・卵巣過剰刺激症候群
・子宮外妊娠


といった母体への負担が掛かってしまうリスクも考えられます。

体外受精は自然妊娠に比べて流産率が少し高めとも言われています。

けれど、実際に体外受精を行っている方は

・基本的には妊娠しづらい体
・高齢出産


など、何らかの問題を抱えていることが多いものです。

そのため、統計的にこのような結果が出てしまっている可能性もあると思います。

体外受精を検討するのであれば妊娠できる確率だけでなく

・安全性
・リスク


これらについても医師の説明をよく聞いた上で、
夫婦で慎重に話し合って決断する必要がありますね。

口コミや体験者の話など良く調べて信頼できる病院を探す事も大切ですね。



 
inserted by FC2 system