不妊治療・体外受精 体験談と口コミTOP > 不妊治療・体外受精 > 体外受精の成功率

体外受精の成功率について

体外受精の成功率と失敗率

体外受精を行うか迷った時に成功率についても大変気になると思います。

赤ちゃんがどうしても欲しくて体外受精を考えている夫婦であれば
体外受精の成功率や失敗率はどうしても気になってしまいますよね。

では、
体外受精の失敗率や成功率はどれくらいと言われているのでしょうか。


体外受精の1回中りあたりの妊娠成功率は、
全国平均で20%〜30%と一般的には言われています。

つまり、4人に1人の割合でしか妊娠できないという事なのです。

高額費用が掛かる割には、確率が低いように思われるかもしれませんが、
自然に妊娠する確率は20%程度です。

そのように考えると、
体外受精を選んでしまう夫婦が多いのも納得がいくのではないでしょうか。

ただ、

この体外受精の妊娠率は病院によってもまちまちのようで、
はっきりとした数字を表せないのが現状のようです。

よく、不妊治療を行うクリニックで高い体外受精の妊娠率を謳っていることもあります。

しかし、

その数字はそこで体外受精を多く受けた女性の年齢層によっても変わってきます。

やはり、年齢の高い女性が体外受精を受けるよりも、
若くて元気な女性が体外受精を受けた方が成功率が高くなります。

若い女性が多く体外受精を受けた場合、自ずと妊娠率も高くなっていきますから妊娠率が高いからといって必ずしも体外受精の技術が高いことの証明にはならないでしょう。

このようにクリニックが宣伝している体外受精の妊娠率はあくまでも参考程度に考えた方が無難です。

医師の説明を自分が納得するまで受けるようにして、
体外受精の妊娠率だけで病院を選ぶようなことがないように注意してください。



 
inserted by FC2 system