不妊治療・体外受精 体験談と口コミTOP > 不妊治療・体外受精 > 体外受精と人工授精の違いとは?

体外受精と人工授精の違いについて

体外受精と人工授精どう違う?

「体外受精と人工授精の違いとは何か?」と聞かれても
「良く分からない」という方もいるのではないでしょうか。

・体外受精とは?

名前の通り、女性の体外で受精させる不妊治療法です。

以前は試験管ベイビーとも言われていたのです。
この呼び方を知っている人も多くいるかもしれませんね。

簡単に言ってしまうと
女性の卵巣から卵子を男性の体から精子を取り出し専用の容器で受精させます。

そして受精を確認後、再び女性の子宮内に戻して着床を待ちます。

体外受精を選択するケースには両方の卵管が閉塞している場合の他、

・乏精子症
・精子無力症


など、精子に原因がある不妊症の場合が多いようです。

・人工授精とは?

これは男性の体から取り出した精子をカテーテルで、
女性の子宮に直接注入して妊娠させる不妊治療法。

人工授精には

配偶者間人工授精(AIH)・・・夫の精子を使って行う人工授精

非配偶者間人工授精(AID)・・他人の精子を使って行う人工授精


この2種類あります。

AIDを選択するのは、夫の無精子症などが原因の不妊症の場合です。

人工受精を選択するケースには、

・男性の精子が少ない場合
・タイミング療法


などが上手く行かない場合に多いでしょう。

また、

人工受精で妊娠する場合には、4回以内に妊娠する確率が90%を超えています。
ですので、これを1つの目安として考えると良いかもしれません。

人工受精で妊娠できなかった場合には、
次のステップである体外受精を選択するケースが多いです。



 
inserted by FC2 system