不妊治療・体外受精 体験談と口コミTOP > 不妊治療・体外受精 > 妊娠と食生活

妊娠と食生活について

不妊治療・妊娠と食生活は関係あるのでしょうか?

妊娠は、精子が卵子に到達しなければ受精できないですよね。

でも、女性の体の状態により精子が卵子に到達しにくくなることもあるようです。

例えば、女性が冷え性の場合には妊娠しにくくなるようです。

それは、体内に入った精子の動きが鈍ってしまうためです。

また、

女性の体内が酸性に傾いている場合も妊娠しづらくなると言われているのです。

これは、酸性の体の中では精子が弱りやすいためです。

精子の中でも特に、Y染色体(男の子になる精子)は酸性に弱いと言われます。

これを使ってた男女の産み分けなんて言うのが流行ったこともありました。

体内の酸性度や冷え性は、
食べ物によってある程度は改善をすることが可能なんです。

不妊治療で食事療法を・・・と言うのは、そのような理由からなのです。

また、様々なビタミンやミネラルの中には、
卵巣の機能を整え、女性ホルモンの働きを助けるものが幾つも存在しています。

そのような栄養素を含有した食事を積極的に摂取する事で、
妊娠しやすい体づくりができるでしょう。

もちろん、不妊の原因は人によって色々ですから、
食事療法のみで改善すると言うわけにはいかないでしょう。

でも、排卵誘発剤を使うにしても、人工授精を行うにしても、体外受精を行うにしても、母体をちょっとでも精子や受精卵にとって居心地いい状態にしておくことが必要です。

身体を温めて血行を促進する食事やビタミン・ミネラルをたくさん含んだ
バランスのいい食事を心がけ、身体を冷やす食事は控えるようにしましょう。

それに、肉類は身体を酸性にしますので、出来るだけ控えたほうがいいでしょう。



 
inserted by FC2 system