不妊治療・体外受精 体験談と口コミTOP > 不妊治療・体外受精 > 不妊検査 子宮鏡検査って?

不妊検査 子宮鏡検査について

不妊検査 子宮鏡検査とは?

不妊検査方法で子宮鏡検査というものがあります。

不妊治療で行う子宮鏡検査とは、内視鏡を使った検査の事で、
内視鏡を子宮腔まで挿入して、目視確認する検査方法になります。

この子宮鏡検査は、比較的新しい検査方法です。

かつては子宮腔の検査には、

・卵管造影法
・超音波診断


これらの方法しかありませんでした。

そのため、見落としがあったり、
初期の病変では分かりにくいことも多かったようです。

子宮鏡検査はで、子宮腔を直接内視鏡で見る事で、
細かな異変も見逃さずに発見出来るようになっています。

不妊治療では、まず不妊の原因を突き止める必要があります。

なので、様々なアプローチが必要です。

例えば、

・卵子に問題はないか?
・精子に問題はないか?
・子宮内に問題はないか?
・ホルモンバランスに問題はないか?


などこのように、不妊の原因は人それぞれですので、
まずその原因を突き止めることが必要になってきます。

そのため、内視鏡を用いて行う子宮鏡検査が活躍する事になります。

この検査では、筋腫や癌のほかにも様々な病変を見つける事が出来ます。

その中に不妊の要因があるかどうかをチェックすることが可能なのです。

もちろん、人にもよることですが、痛みはあるようですね。

ですが、造影検査よりは痛みが少ないという声も多く、
不妊ではなくても是非健康診断として実施して欲しい検査ですね。

また、子宮鏡検査で使用する内視鏡にはいくつかの種類があります。

内視鏡の種類により、

・動かしやすさ
・子宮を傷つけやすいリスク


などに違いがあるでしょうから事前によく話を聞いてから行うようにしましょう。



 
inserted by FC2 system