不妊治療・体外受精 体験談と口コミTOP > 不妊治療・体外受精 > 不妊検査 子宮卵管造影検査とは?

不妊検査 子宮卵管造影検査について

子宮卵管造影検査とはどのような検査?

不妊検査で子宮卵管造影検査というのがありますがご存知でしょうか。

主に不妊治療で行う子宮卵管造影検査とは、早い話がレントゲンによる検査。

胃の検査でバリウムを飲んでレントゲンを撮った経験がある人は
多いかもしれませんが、これと似ているような仕組みです。

ただ、造影剤は医師に入れてもらうことになります。

造影剤を子宮に入れた状態でレントゲンを撮影し、
子宮や卵管の異常を調べるのです。

不妊治療で検査を行い始めると、
殆どの方がこの検査を受けることになると思います。

検査としては、現在では、内視鏡を使用した子宮鏡検査の方が色々な面で検査精度が高いのですが、それでも今なお子宮卵管造影検査がおこなわれるのは、検査目的だけではない場合も多いです。

おそらく検査前に医師から説明を受けると思いますが、
子宮卵管造影検査の直後〜半年間の間は妊娠しやすくなると言われているのです。

特に、検査後3ヶ月の間の妊娠率が顕著に高まるといった報告があります。

これは造影剤を注入する事により、卵管などに詰まりがあった場合に詰まりが取れるからだと考えられているためです。

もちろん、だからと言って誰もが妊娠できると言うことでもありません。

しかし、特にこの検査で詰まっていたのが確認されたような方でしたら
妊娠率が高まるでしょう。

ただし、これは大変痛いと言われている検査です。

当然、病院側からもそのような説明があると思います。

人によっても感じ方はそれぞれですが、病院により座薬など痛みどめで
痛みを和らげる事もあるくらい痛みが強いと言われている検査なのです。



 
inserted by FC2 system