うす毛 抜け毛の原因TOP > 抜け毛について > 抜け毛と男性ホルモンの関係

抜け毛と男性ホルモンの関係について

抜け毛と男性ホルモンは関係があるかどうかという事ですが、関係があるといえると思います。

何故そうなのかというと、男性ホルモン(雄性ホルモンと表現されることもあるようです)の中には、体毛の増加や筋肉の増加、皮脂の分泌等を促進させる作用を持つテストステロンと呼ばれるホルモンがあります。

このテストステロンが、5αリダクターゼと呼ばれる酵素によって、抜け毛の原因物質であるジヒドロテストステロンに変化してしまうためです。

テストステロンそのものだけでは、抜け毛にはならないでしょう。

でも、このジヒドロテストステロンになってしまうと、皮脂の分泌を必要以上に多くして毛穴を詰まらせたり、髪の毛の元となるタンパク質(脂質、タンパク質、糖質は摂り過ぎもよくありませんが、不足するのもよくないのです)の合成を阻止したりと様々な悪影響を与えてしまいますからす。

そして、このジヒドロテストステロンによって抜け毛が起こりがちなのは、頭頂部や前頭部です。

後頭(日本では、脳の死が人間としての死だと定義されていますよね)部や側頭(脳科学的にわかっていることも多いですが、わからないこともまた多いでしょう)部等は影響を受けにくい為、抜け毛は比較的起こりにくいようです。

ですので、抜け毛と男性ホルモンは非常に密接な関係があると言えるでしょう
 

 
inserted by FC2 system