うす毛 抜け毛の原因TOP > 育毛について > お酒、タバコは髪に悪い?

お酒、タバコは髪に悪い

髪が抜ける原因の一つに、生活環境や生活習慣があります。

では、お酒やタバコは髪に悪いのでしょうか?

まず、飲酒とは言っても、「酒は百薬の長」と言われるくらいで、適度に飲む分には全然問題はありません。

しかし、飲みすぎると髪に悪いんです。

詳しく説明すると、髪はケラチンというたんぱく質で作られています。

そして、そのケラチンはアミノ酸が原料となっているのですが、お酒をたくさん飲んでしまうと、体内のアルコール(お酒はエチルアルコールが主成分で、依存症になってしまうことも少なくありません)分を分解するのにアミノ酸が使われてしまいます。

つまり、お酒を飲みすぎるとそれだけ解のためにアミノ酸を使いすぎてしまって、髪の毛のための栄養が足りなくなってしまうわけです。

次に、喫煙(吸っている本人だけでなく、側で煙を吸った人の健康にも影響が出るといわれています)ですが、タバコを吸うことで体に良いことは一つもありません。

髪に関してはタバコに含まれるニコチンが血行を悪くするため、頭皮(自分でもある程度のケアはできますが、プロにやってもらうと格別に気持ちがいいものです)の血行が悪くなり、抜け毛の原因となります。

また、発毛にも影響し、細く抜けやすい髪の毛が出来てしまうのです。

それに、男性ホルモン(二次性徴を発現させますが、男性型脱毛症の要因になってしまうこともあります)が多いと、男の人は薄毛になりやすいといいますよね。

その男性ホルモンは喫煙によって増えるので、髪を増やしたい人には喫煙はオススメしません。
 

 
inserted by FC2 system